menu

2021/04/17

リモートワークのメリットデメリット

 

外資系コンサルティング会社で長年働いてきた筆者の視点から、今回はコロナ禍での働き方についてお話します。今回はメリット編です。

 

 

 

最も働き方として変化があったのは言わずと知れたリモートワークです。

 

(当然ながら、リモートワークができない職種の方からすると何も変わっていません)

 

 

 

筆者から見たリモートワークは、大きく以下効果があったと認識しています。

 

 

 

-メリット-----

 

① コロナ前より、職場の同僚が寛容になった

 

② 移動時間(通勤、会議移動、アポ訪問)が減った

 

③ 会議場所予約の労働が減った

 

④ 会議資料の紙印刷が減った

 

⑤ 働かない人が明確になった

 

 

 

 

 

-デメリット-----

 

⑥ 認識齟齬が多くなった

 

⑦ 仕事だけでは作れない信頼関係の構築が難しくなった

 

⑧ 大きな声で話す場所を選ばなければならなくなった

 

⑨ ホワイトボードを使えなくなった

 

 

 

 

 

如何でしょうか?

 

正直20年前のSEだったことの社会人1年目だった筆者が、

 

 

 

「調べ物があるので、PHSの通信量では遅いので、家のADSLで調べてから出社します」

 

※この時点で若い方たちは何を言っているのかわからないかも。。

 

 

 

と言おうもんなら。

 

・家で仕事するって楽するつもり?

 

・調べものって、家で音楽聞いてTV見ながらするんでしょ?

 

・PHSが遅くても職場がそういう環境なら出社すべきでしょ?

 

・サボろうとしてんじゃねーよ。寝てるんだろ?9:00までに這ってでも会社に来い!

 

と先輩社員からマシンガンが飛んでくる状況でした。

 

 

 

それが、リモートワークになってからは

 

 

 

・会議中子供の泣き声がする

 

・会議中、背景に家族の方が移る

 

・ネットワークが悪くて固まる

 

 

 

となっても、ほとんどの人が怒らない。①ですね。

 

ギスギスしていた会社の雰囲気は、寛容にはなっている現象が起きています。

 

 

 

また、つど会議室の予約を取るため、予約が重なったりしてトラブルになったりもTV会議なのでないです。

 

 

大手企業だと社内会議室の移動時間でさえ、ビルからビルへ道路やエレベータの込み具合によっては10分かかったりして、その間の資料印刷準備なども含めて30分前から用意していたが、TV会議だと移動時間なし、資料印刷もなし、なんて素晴らしいことでしょう。

(②~④)

 

 

そして企業側の最大のメリットは、アウトプットで評価するしかないですから、⑤のアウトプットを出さない人が明確になったことも重要です。

 

 

 

次回はデメリット編です。